Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Sponsored links
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
2010年 3月。
 ゞ世遼‖А別邯嘉則)
・お薦めをしてもらい読んでみました。かなり号泣。
・悩みを抱える主婦を悩みの根本から解決していこうとする経営コンサルタントである矢口氏との実話をもとにしたやりとりを紹介した本です。
・私は家族仲良いのですが何でも話せる感じでなく、心の中での信頼関係はあると思うのですが行動が伴ってない感じで普段の会話が少ないのです。そこは私なりに気をつけてはいたのですが、この本を読み、言い訳・理屈なしに父と接していこうと思えました。早速一緒に出掛ける機会があり、何でもないことを色々話せたので、これからも考え過ぎずリハビリしていこうと思いました。
・言葉や態度に表さないだけで、感謝の思いが一番大切な人たちに伝わらず淋しい思いをさせてしまわないよう伝えていこうと思います。恥はなくして。

△泙鼻Δ澆舛詩集(まどみちお)
・すてきねー!NHKでまどさんのドキュメンタリーしてて知ったばかり。
・『ぞうさん』など有名中の有名童謡を作った人!!他の作品も人間の視点とは思えないくらい動植物を愛でている様子がバシバシ伝わる。とても心豊かに安らかになりました。

3段階の発想で英語が伝わる!100のツボ(西蔭浩子)
・かなり良いかも、この本。CDも付いていて私好みの日本語→英語で収録されている所もポイント高し!
・携帯に録音してブツブツ練習してます。

ぅ▲ぅ▲爛▲辧璽蹇 1(花沢健吾)
・思っていた感じではなかったけど、結構楽しかった。

ス喟逎▲鵐澄璽競屮螢奪 1、2(中村光)
・聖おにいさんと同じ作者。あちらには負けるが、1・2巻と読んでいたら楽しみ方が分かってきた。

Δ茲鵑任泙垢茵▲▲競璽襪気鵝(久保保久)
・オススメされて読んでみた。面白いけど下品ですよ。けどこれも読めば読むほどハマっていく(笑)
・悪魔と悪魔使いのお話。

Д泪譟璽轡 ガイドブック2冊
・3泊4日でマレーシアへ行くのでタワー情報GET!マレーシア意外や意外!タワーが点在してます(^w^) 幸せ過ぎ!
 
posted by: まるあいぼ〜 | - | 15:24 | comments(0) | - |
2010年 2月‏
 .愁薀縫鵝弊野いにお)
・「たとえば、朝のワイドショーで流れる陰惨な事件を見てしまうだけで、地の底までテンションが落ちるやっかいな感受性を持った人なのだ。」「無職ヒマ人の現在のあたしは、彼氏の沈んだ心を引き上げるくらいの甲斐性はあるってもんで。」
・絵の中で携帯が鳴るんだけど、音とか(字でRRR…みたいなの)で表現するんでなくて、バイブによって動いたであろう移動と着信光で表してて うまいな〜って思った。
・「若い頃って幸せになるためには困難な一つの方法しか無いなんて思いがちだけど、実はもっと単純なことなんだから。」
・「そーゆー一瞬の気のゆるみで、積み上げてきたものが全部パーになるかもってことを、よーく考えてみ?」
・なんか絵から感触がつたわる時がある。
・「…芽衣子さん、たまには俺を名前でよんでみてよ。」「ナルちゃん!」
・ビリー(山田二郎)最高!

¬屋のタバサ(東直子)
・「理由のないものには、お答えできません」いつもの、そんな答が返ってくるだけだろう。そういう人なのだ。余計なことは、考えない。深読みをしない。それが、ここで平穏にやっていくコツなのだ、ということが、ようやく分かってきた。
・豆は、食べられるために水を含んでいるのではなく、発芽し、新しい命になるべく目覚めながらふくらんでいるのだろう。そんな豆には申しわけないけれど、わたしは明日、これらの命を一つ残らず、人間の胃袋にふさわしいかたさに煮込むのだ。
・あの池は、お供えを呑み込むためにあったのか。
・こわくても、いいのですよ。こころには、次々にいろいろなものがあらわれては、消えてゆくのですから。今は、こわくても、かまわないのですよ。
・意味がないように思えることも、積み重ねてゆけば、意味のあることに変わってゆくこともあるでしょう。あの人たちがやりなさいと言ったことは、とりあえずやっておくとよいのではないでしょうか。
・会うことで感情は動く。感情が深まれば、触れ合う。触れ合うことで、感情は揺れる。揺れ続ける、不安定な感情という形のないものを抱えてわたしたちは、ここにいる。
・残念ながら結末の意味が分からん...情けない...。けど東さんの世界観に引き込まれたわ。楽しかった。言葉の選び方や表現がステキ。

宵山万華鏡 (森見登美彦)
 ・時間がなくて、じっくり読みきれなかった...また読み返してみよう。
感想はちゃんと読んでないので難しいですが、京都好きなので場所とか分かるし、読
んでいて情景が映像化して頭の中ぐるぐるして良い感じだった。
posted by: まるあいぼ〜 | - | 15:20 | comments(0) | - |
2010年 1月‏  みたりよんだり。
 ”緩円と苦虫女(タナダユキ)
・まじ可愛い!ゆうちゃん!苦虫顔カワイイな〜!
・「百万円貯めて転々としてるんです。」「自分探しみたいな事ですか?」「いや、むしろ探したくないんです。探さなくたって...嫌でもここにいますから。逃げてるんです。」
・鈴子と中島くんの恋模様にキュンじゃ。あぁ〜手をつなぎたい(笑)
・主題歌、原田郁さんの「やわらかくて きもちいい風」最後に流れて気持ちよい。クラムボンも普通に好きだけど、ソロのが好きかも、私。

陰日向に咲く(平川雄一朗)
・なかなか好き。けどまぁ普通。泣いた気がするけど、1ヶ月前に観たから感想忘れちゃった...。



)佑箸い辰靴隋文澱実)
・おもろアホやな〜、やっぱ。お好み焼き屋さんに置いてあった。

日本脱出マニユアル(安田修)
・超具体的にビザやらなんやら紹介してる本。

モテキ2(久保ミツロウ)
・言わずと知れた!いま私がハマってる漫画(笑)
・地元で再会した元ヤンキー同級生の登場が良かった!ちょっとしたスパイス的な感じってやつで話が単調にならず良かった。

ぬ滅鬚い曚匹茲わかる世界地図の読み方(世界情勢を読む会)
・読み込んだ〜!色んな国がひとつづつ紹介されてて、政治 宗教 民族 言語 経済など色々な面で紹介されてて分かり易く読みやすかった!
posted by: まるあいぼ〜 | - | 15:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
12月 読んだものたち。‏
 ヽ戞弊伉与唇譟
・バーリ良い!今、山登りにスゴく興味があるので余計にハマる。
・主人公がステキ!様々な経験をこえてからこそできる事や物事の考え方に感動。

coffee and cigarette(やまだないと)
・写真と漫画が一体化されてるマンガ。
・内容は共感できるけど、やけにお洒落系にしてる感じはあまり好きではないなぁ...。
posted by: まるあいぼ〜 | - | 15:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
ウダる。
あぁ...ウダウダ。

あぁ...グズグズ。



行きたい。

行きたくない。

やりたい。

上がりたい。


欲ばっかだ...。
その欲に忠実になればいいのに。
なぜだろ、なれない。


沢山の未練。


なくならないって分かってても、離れたらなくなっちゃいそうで不安でたまらない。


恵まれてる環境。

手放す勇気がなかなかでてこない。

なくならないのに、怖い。


なのに やりたい。
    いきたい。

11年目の夢


なのに ウダウダ。
いまさら ウダウダ。


今がわたしの頑張り時か...と自分で背中を押す日々。

自信もあるのに。
小さな事で不安になる。

沢山の人に会いたい。


たいたいた...い

欲ばっか。

そんなん捨ててやればいいだけなのに。

行けばいいだけなのに。
会えばいいだけなのに。


やるか。
やろう。

おもうままに。

posted by: まるあいぼ〜 | - | 08:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
理想と現実。

いつでも笑顔でいたい

苦しい時こそ笑ってたい



のに...
現実は難しいなぁ。

最近は寝る時間もないので体力的にも限界で、精神的にも(それこそ現実が見えて)限界だな。


(笑)

笑い飛ばすか!


はははっ。


posted by: まるあいぼ〜 | - | 15:23 | comments(0) | trackbacks(8) |
11月 見たり読んだり。
 映画たち。

.サラギ(佐藤祐市)
・アイドル如月、自殺で片付けられ謎の死に疑問をもつ元マネージャーの発案で、ファンの一人が企画したアイドル如月の一周忌パーティーに集まった5人のファン(ほぼ皆、彼女と接点のある関係者)。放火で死んだと疑うマネージャーの推理から何故彼女は死んだのかという話になっていく。キャストのキャラが皆濃くて面白い!ストーリーのテンポも良いしオススメです。

▲トキト!(吉田康弘)
・ばち泣いた!ヒクヒク泣いた!強烈な母と娘、息子の親子愛に号泣です。・それぞれが必死で自分の人生生きてるのも良かったし、その中で互いのこと思い合ってる感じも良かった。カナーリお薦め!

Jぬ魅瀬襯曄善蕾里硫崙察繊淵ムサンチャン・キムヒョンス)
・主役のチャ・テヒョンのファンなので観ましたよ。・地元でロックバンドを組み、クラブで歌う物真似歌手のバックバンドで生計をたてるバンドメンバー。ソウルから来たレコード会社社長にボーカルだけ引き抜かれソウルに呼ばれる。彼はロック歌手としてデビューできると張り切って上京するが...そのレコード会社は演歌専門。そこで無理やり演歌歌手に育て上げられ葛藤の中成功していく。楽しかった〜良かった〜!


本たち。

\鐓譽献磧璽淵螢好箸悗瞭察.シミールでみた「戦闘」と「報道」の真実(桜木武史)
・実は09年1、2月のインド旅への行きの飛行機で隣り合わせた桜木さん。初めてのインドでさすがに不安だった私ですが、深夜到着後も朝まで一緒に空港でお話してくれ、コーヒーをご馳走になり、朝ニューデリーの中心部までバスで一緒に出てもらいお世話になった方です。話を聞いてみるとジャーナリストさんということで本を手にしました。
・2002〜07年、計4度のカシミール取材記録。3度目の取材中に被弾され右顎を負傷、現在は肩甲骨からの移植で回復されてます。しかし本を読むまで知らなかった私は何となく顔が左右対称ではないなと気になっていて無意識にジロジロ見ていた気がします...。
・『カシミール問題』現在インド、パキスタン、中国によって分割統治されている地域。インドでは避暑地として知られているカシミールだが、その一方この地を巡りインドとパキスタンは三度の戦争を引き起こしている。ヒンドゥー教徒、イスラム教徒、仏教徒それぞれの考え方、それぞれが考える解決策の違い、それに各国の考え方、色々なことが混ざり合い長い間敵対し合っている。
・写真もあり、行間、文字サイズもちょうど良く、私はとても読みやすかったです。桜木さんの心情を織り交ぜながらの文章にも読みやすさに繋がったように思います。

吉野弘詩集 計3冊(吉野弘)
・特に「贈るうた」っていう詩集は読みやすかったですよ。

アフタースクール(行川渉)
・内田けんじ監督の映画のノベライズ。あらゆるところに仕掛け、トリックが隠されていて完全に私もハマってました。あっという間に読みきってしまった。楽しかった。映画もみたい〜!

・「ぜんぶわかったような顔して勝手にひねくれて...この学校つまんねえだのなんだの...あのなあ、学校なんてどうでもいいんだよ。お前がつまんないのは、お前のせいだ」

ぅ皀謄(久保ミツロウ)
・あの...バリオモロい!それにスゴい共感ポイントがあるわ...(笑)考え方とかカブるところあるし(笑)
・端からみたら私もあんななんだろうな...妄想と被害妄想繰り返して自己完結!

イりこについて(西加奈子)
・「分かる」のだ。どうして「分かる」のかが、分からないだけ。「痛みの形」は曖昧でも、痛みは分かる。なんとかしてそれを、なくしてあげたい。
・きりこは、ちせちゃんを綺麗だと思った。目が大きいからじゃない、唇がつやつやと光っているからじゃない。ちせちゃんは、ちせちゃんその人だから、他の誰でもないから、綺麗だと思った。ちせちゃんは全身で、「あたしはあたしだ」と、叫んでいた。
・ああここにも、自分の「容れ物」にとらわれている人がいる、そう思った。

Ε戰奪ーの♪心のとびら(ベッキー)
・沢山心に残るの言葉がありました。
・一番響いた言葉を一つだけ無理やりあげるなら『がんばることは楽しいこと』

Дッパーズ(オノナツメ)
・「なかなか美味いコーヒーだ」、「で、どんな話よ」
って会話で以前働いていた店で料理人さん達にコーヒー淹れてたこと思い出す。いつも「今日も美味しいな〜。ありがとね〜。」って言ってもらってたこと思い出した。コレって大切だな〜、最近の私に欠けてる部分だな〜って思う。思い出せて良かった。なので印象的なシーンでした。
・表情とか、ばり上手〜い!ドンドンはまるわ、オノナツメ。ストーリーも良いよ。キャラクター設定がしっかりしてて。
 
posted by: まるあいぼ〜 | - | 13:47 | comments(0) | trackbacks(5) |
10月 えいが・ほん。
 映画

〜韻人のためのソナタ(フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク)
・終わり方格好いい。スマート。じわじわ鳥肌たったわ。

天然コケッコー(山下敦弘)
・思春期の淡さが魅力的。主役の女の子の役がナチュラルで良かった。
・全体を通して画面が切り替わる時、いちいち黒くなりブチブチ切れる印象なのが残念だった。
・何年も観たい映画リストに入っていたから期待が大きかった為か、あまり人に勧めるほどではない。

H山(犬童一心)
・なによりラストの浴衣姿の松嶋菜々子美しすぎ!!
・ってかシレーっと始めから松嶋菜々子と大沢たかおが遊びに行ったりとかしてるのが意味分からんかった...。いつそーうなったん?みたいな。しかもこの恋は関係あるの?けど東京に帰るときの電話でのやり取りは好き。胸キュンです。
・祭での母と父の再会シーンも素敵だった。言葉を交わさずとも満足納得してる感じが。

た佑離札奪スを笑うな(井口奈己)
・「青い鼻血でちゃってるみたい」っー台詞のシーンめちゃめちゃ良い!!ナチュラルすぎ!!二人の始まり的な感じがして素敵。
・良い善いよい!!まじ良いこの映画!!手元に常に置いておきたい!!ってか最高!!超オススメ!!
・いちいち会話が面白い!かわいい!
・ほんま憧れる、(さ)ゆり様。
・サントラ良いです。

ゥ▲劵襪罰のコインロッカー(中村義洋)
・「神様を閉じ込めるんだよ」「神様に見てみぬ振りをしてもらおうよ」
・全体的に好き。けどラストいいね〜!コインロッカーいいね〜!もちろんディラン最高やね〜!
 



‐綉〃な言葉366日(田辺聖子)
・女性、結婚、人生など色んなことについて超ポジティブな言葉が並んでる本。
・いくつか気に留まる言葉がありましたが、その中でも『気をとり直す』術については何度も出てくるし、その度わたしも反応した。いつもいつも前向きでいるのが全てとは思わんしアホらしって思うけど『気をとりなお』して前向いて頑張っていくのはスゴく素敵だと思う。

▲ズイスチカ(森鴎外)
・お医者さんの日常。患者さんとの話

0柬人(カミュ)
・途中でとまってます、読むの。だって楽しいんだけど進まない。
 
ぃ遑錚 simple(オノ・ナツメ)
・ドロドロな内容の話だが全く感じさせない。
・主人公のイアンはアメリカをひたすら姉を探し歩く。その姉はもしかすると実の母親ではないかと疑ったまま。実際、姉カイリは実の父との間の子供を産む。その子がイアン。
とまぁあらすじ書きだしたら私の文章力じゃマトマりきらないので強制終了。
・絵もストーリーも世界観も私好みです。

グソヅ東京(重松清)
・進藤宏40歳、新作が描けなくなった絵本作家、フリーライターの仕事で生計を立てながら様々な人にであう。 と裏表紙の言葉。
・なんだか色々な目線...いや何ていうんだろ...人の気持ちの解釈ができなかったり、勘違いしてばかりいる私には出てこないような捉え方をする登場人物たちに、世間を見たり。世間知らずな自分を思う...。
・「遊園地円舞曲」ピエロ ノッポさん
親って、子どものいろんな顔が見たいんだよ。朝から夕方まで遊園地で過ごせばいろんな顔が見れる。だから俺たちは広場で演奏する時に、たったひとつのことしか考えてなかったんだ。何年か何十年かたってアルバムをめくったとき子どものいちばんいい笑顔が武蔵野ランドの広場で撮った写真でありますように。
→昔に比べ 邪険に扱われるようになった今でも仕事に目標、やりがいを持って誇れてるの素敵だなって思った。この作品読みながらミスドで涙でました。
・「メモリーモーテル」編集長カズさん
でもなぁ、自由に自由に自由にって、俺なんかはそういうの意外とつまらないんじゃないかと思うんだけどなぁ。上からむちゃなこと言われたり、逆に上をだまくらしたりして、折り合いつけながら、なんとか自分のやりたい仕事をやっていくって、俺なんかは好きだけどなぁ、そういうの。
→そーよねって思った。世間の皆様はそうやって頑張ってんだよな。考え方は人それぞれだけど。私はカズさんの考え方好きだな。自分は就職してないから偉そうなこといえないけど。
・「哀愁的東京」
父、進藤宏
僕はいつもそうだ。「無理やり」という部分がひとよりも弱い。それを訊いたりはしない。訊いても答えてはもらえないだろうと思うし、とにかく僕は「無理やり」ができない性分なのだ。
→分かります。その上私は訊いてもどころか相手が話さないイコール私には話したくない話ととらえ訊かない。

娘、あかね
中国語にハマってるの。本格的なのでなく『熱烈的歓迎』みたいな言い方。お母さんに叱られて謝るとき『猛烈的反省』、でお母さんは『寛大的和解』、そんな感じ。
孤独的日常、惰性的毎日、冷蔵庫的寒冷、得意的調理、困惑的再婚、祝福的再婚、回想的東京、そしてタイトルでもある哀愁的東京。
→この言葉遊び楽しいなぁ。

γ歟羲哀泪肇螢ス勉強法(竹中平蔵)
・マトリクス=座標軸。横軸の「武器」か「人と人を結ぶ知」、・一週間はなぜ日曜日から始まるのか?ハーバードの学生は一週間が終わった解放感で皆金曜日が終わると浮かれるが、せいぜい土曜日まで。日曜日には翌一週間の予習が始まる。勉強する人にとって日曜日はまさに一週間の始まり。
・最初から花形部署に配属されてしまうとかえって狭い背に縛られ結果として、それだけしかできない人間になってしまう危険性もあります。(キャリアを捨てたくない、プライドなどでリスクを伴った積極的なキャリアアップはしずらいかも)それよりも「雑用ができる事」こそがどこに行っても使える汎用性の高いスキルなんだと思う。
・座右の書
・感想:経済はもちろんの事、世の中、社会を更に知りたいってか自ら体験したいって思いました。ダラダラし過ぎ、私。甘過ぎ、私。

Ъ教と負け犬(酒井順子)
・負け犬(日本)、老処女ノチョニョ(韓国)、余女ユーニュイ(中国)と言う単語が存在する三カ国、何故この三カ国で晩婚化が進むのか?というテーマで原因を探る本。
・男尊女卑=「家」を守る。男女がお互いに助け合いうまれた価値観かと思ってみたり。
・「誰かの下とか後ろに付き従っているのは、とても楽なものです。対して、強さを身につけて上とか前に行くのはとても負担と覚悟が必要なこと。しかし私達はいい加減、その覚悟をしなくてはいけない時にきているのでしょう。何かを失う恐怖、孤独への恐怖を乗り越えて覚悟を決めた時に初めて見えてくるものは、きっとあると思うのです」
→コレって別に一人で生きて行く覚悟だけでなく二人で生きて行く(背景にある親族や環境含め)覚悟のことでもあるよね。と思ったら私にはまだ両方の覚悟なんて持ち合わせてないなと思った。

╂こΔ僚わりと夜明け前(浅野いにお)
・計11のお話。
・かなーりかなーりヤサグレていた1日の終わりに読んでしまったこともあり、共感しまくました。前半。ヤバいです。これに共感とかしてしまったら...病んでます、病みすぎです。後半はヤサグレてない日に読んだので幸せなシーンにちゃんと共感できました。
・「夜明け前」
→酔っ払いのサラリーマンの愚痴から信号の黄い箱の神様に発展していく展開とか好き。しかも神様がテキトーな絵。
→「私は産まれてくることすらできなかったのに、どうしてあなたはそんなに手抜きの人生ばかり選択するの?」
・「超妄想A子の日常と憂鬱」
→なんかよ〜っく分かる。この子の考えてる感じ。妄想の仕方もよく分かる(笑)。そして求められてることをするだけな感じも。でも何か爆発してしまう感じ。
・日曜、午後、六時半。
→「人のことまでかまってられないよ。自分のことでいっぱいいっぱいですから。...あっ俺、今、自分に嘘ついてねー?自分のことで必死になったことなんて...今まであったっけ?」
「自分のことすらも、いつからこんな他人事になっちゃったんだろう?」
・「休日の過ごし方」
→過去に少しとらわれてて、けどそれが悪いって自分責めてるわけでもなくて。でもやっぱり影響してて前に進めなくてダラーとしてる。そんな日々の中でも少しの(何の、誰のでもないような)可能性に期待して行動を起こす ゆるさが良かった。
→「自分にだって、そんな時期があったはずなのに、今じゃもう、あたしはこの商店街の風景の一部なんだろうな」
・「世界の終わり」
→「あの頃はこんな簡単なことどうしてあんなに難しく考えてたんだろう...なんて、昔の自分を思うと馬鹿馬鹿しくなる。けれど逆に今の自分のこわいくらいの単純さを思うと、なんだか、悲しくて、ちょっと苦しい。」
posted by: まるあいぼ〜 | - | 13:40 | comments(0) | trackbacks(1) |
9月の耳、目。
MOVIES。

.亜璽亜爾世辰毒である(犬童一心)
・グーグーが家の中と外を自由に行き来できるようになった時に「立派な吉祥寺の猫になれよ」「グーグー世界が待ってるぞ」ってセリフが良い〜

五右衛門ロック(劇団新幹線)
・招待券を頂いたので行ってみた。1部と2部に分かれて合計3時間くらいのお芝居。
・結構期待してたのに期待以上に楽しくて良かった。けどあまりに心労&疲労がたまってて第2部は途中から寝てしまいカーテンコールとともに起きる始末...申し訳ない。


BOOKS。

‐綉花日(いわしげ孝)
・何事にも全力でぶち当たる姿が素敵。
・いわゆる美女と野獣夫婦だがお互いにドキドキしてるのとか素敵。

中年入門(松尾スズキ)
・名言じゃないが、松尾スズキさんがいままで発した言葉が並べられてる本。
ポジティブなのもネガティブなのも色々混ざった言葉達です。
・私は8つほど引っかかっる言葉がありました。

ハワイアン・マナ71の教え(朱実カウラオヒ)
・友達がこの本にめちゃくちゃ影響受けててお薦めしてもらった。
・良い本ですよ。すでに実践してることや、分かっちゃいるけど出来ないことなど読んでると元気でます。完全にポジティブ本!
・やはり今一番心に留めとこうと思ったのは『執着』に関する事でした。
・“執着から自由になると、新しいギフトをもらえる“
・“悪循環はどこかで断ち切らなければダメ“

ぅ縫紂璽検璽薀鵐匹離イドブック&ワーホリガイド3冊
・あと3ヶ月しかないのに微妙にまだワーホリ国定まってません...。はぁ...。

ゥーストラリアのガイドブック&ワーホリガイド2冊
・っても行く国決定85%オーストラリアだけど...。微妙な数字やな(笑)まだまだ台湾にも未練が...。

Ε櫂吋奪箸涼罎侶(冬野さほ)
・3年位前から読みたかった本。不思議な縁で手に入りました。全体的にふわっとした作品。
・絵が可愛いです。好きな人はハマる作者ってのがよく分かる。内容的にも。ちなみに私はどっちつかずかな...。絵は好きだし内容も嫌いではないけど今の気分とは一致しなかったかな。

В遙inkle(冬野さほ)
・これは内容なんとかってより、アート?イラスト本って感じを受けました。もちろん漫画なんだけど。色々なやり方してて楽しい。

┘轡隋璽肇ッツ(古屋兎丸)
・下ネタ満載でした(笑)笑ったけど...アホだな〜と爆笑&苦笑い。
・これも上2つと一緒に頂いた本でした。こんな漫画もあるんだな〜って視野広がりました。
・下品ですが、面白い。
・メーテル?のまつげの回がめちゃめちゃ面白い!
posted by: まるあいぼ〜 | - | 13:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
8月の読みもの。
 

仝鋲箸離哀襯瓠糞彌讃伺掘谷口ジロー)
・毎回、始まりが空腹ペコペコの井之頭五郎の食事話。お酒が飲めない彼はがっつり気持ちがいいくらい食べる!
・個人的には食べてるとき「むしゃむしゃ」「もぐもぐ」など効果音がいやにリアルで気持ち悪いけど...。
・小言が多くて面白い。いちいち独り言言ってて親近感が湧く。近くにいたら、ぶつぶつ言っててウザイだろーな。


▲丱襯織供璽襦Ε哀薀轡▲鵑慮人の知恵(バルタザールグラシアン、齋藤慎子)
・んん...あまり好きじゃない。あー言ったり、こー言ったり、結局どっち?みたいな。全部ありやん!みたいな。
・一つ接客業してるし心に留めておこうと思ったもの。
『備える』気に障るひと、いわゆるムカつく人に出くわしても不毛な衝突に巻き込まれないようにする。
相手へのふるまいが横柄にならないよう気をつける。こういう人のそばを通るときは、その愚かさに気づかないふりをして礼儀正しく接するといい。


三国志5(横山光輝)
・読んでますよ、読んでます。順調に読んでます。


いのう何食べた?1,2巻(よしながふみ)
・この漫画、前から好きなんです♪弁護士と美容師のゲイ同棲カップルのお話。っても料理がメインですが。
・いつも素敵な料理作るんです。組み合わせ方とか参考になる。


ゥ汽爛薀ぅアサン1〜5巻(板羽皆)
・やばしっ!やばしです!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
・本当にマジで驚くほどハマりました。会う人会う人に薦めてます。
・サムライとかつきつつ全く「侍」は関係ありません。
家族に美味しいご飯を食べさせたいって事をモットーにいつも一生懸命、一所懸命な母よし子。
耐えることも楽しむことも知ってて気持ちをストレートに出しまくる、よし子。憧れます。
こんな人間になりたい。心底思う。


η澹玉圓亮業道徳(梅原猛)
・AMでジーちゃんと孔子の話で盛り上がった時に薦めてもらった本。
・本当に簡単な言葉で文字サイズも良く、行間も良い読み易い本で勉強になります。
・内容はもちろん堅い話だけど、ザッと日本の道徳がどう始まり現在どうなってしまったかが分かる。
・最後に一応梅原さんの思想を紹介『個人における徳として努力と創造を、社会における徳として愛と信頼を、そういう永遠絶対なものに対する徳として感謝と哀れみを、人間がよりよい人生を生きるためにもっとも必要な徳であると考えます。』との事です。


Ф貌擦瓩沓院ぃ牡(土山しげる)
・ヴィレバンで立ち読みしてて なーんとなく気になり借りてみた。
・楽しいけど一巻で充分だな。
 

蝶々南々(小川糸)
・題名はちょうちょうなんなん、実は南は南の左に小さな口がついた漢字です。でてこんかった。
・アンティーク着物屋さん「ひめまつ屋」を営む栞とお客で来た春一郎の恋話。またまた着物という共通ワードが出てきて読み始めすぐハマる。
・超控えめな栞と一緒になってドキドキしたり切なくなったり。


ひかりのまち(浅野いにお)
・久し振りに読み返してみました。浅野いにおさん好きなんだけど未だソラニン読んだことないんよね。好きって言っていいんだろうか。


どこから行っても遠い町(川上弘美)
・同じ街に住んでる人や、その人達に関係ある人が毎回誰か各回主人公になって進むお話。
・なので「あっコノ人誰だっけ!?」ってなって繋がりが面白い。
・世代も色々で様々な視点が良かった。


沈黙(遠藤周作)
・難しそうだなって思ってて何年も保留にしてた作品だけど、意外と読みやすい。
・島原の乱後、キリシタン禁制が厳しい日本に潜入した宣教師のお話。
・思ったのは、読んでいて作者のことを全く思い浮かべない。完全に物語に集中!遠藤周作の他の作品読んだことないけど、どれも違った印象受けそうだなって思った。

posted by: まるあいぼ〜 | - | 14:56 | comments(0) | trackbacks(13) |